リフォームローン活用の仕方について

リフォームローン活用の仕方について

家のメンテナンスを行うことはとても大事になります。
家のメンテナンスをしっかり行うことで、家の強度を保つことができ、家が劣化していくのを防いでいくことができます。
家の劣化ポイントにもよりますが、大体メンテナンスを行って10年ほど経ったならば劣化が始まってくるので、その際にメンテナンスをするのが良いです。
ただ、メンテナンスをする際は費用もかかってくるので、費用の面を計算して考える必要があります。
メンテナンス費用が多くかかってしまうならば、リフォームローンを活用することができます。
リフォームローンについて紹介していきます。
・リフォームローンとは
リフォームローンとは、民間の金融機関で取り扱われているローンであり、自宅に抵当権をつけないで無担保ローンであるのが一般的になっています。
リフォームローンは借主の信用に対してお金を貸す方法になっているからです。
また、借入審査が早く、借入額の上限が低い、という特徴があります。
ただ、自宅に抵当権をつけて借入を行う住宅ローンと比べると金利は割高になっています。
担保が不要なため金融機関によっては高いリスクを追うことになるためです。
住宅ローンの金利は変動金利で0.7%程度、固定金利も1.3%ほどになります。
一方リフォームローンは変動金利で1.5から4%、固定金利で3から5%ほどになっています。
住宅ローンよりも高くなっています。
返済期間について住宅ローンは最長35年となっていますが、リフォームローンは10年から20年程度の長さになっています。
借入可能金額も住宅ローンは1億円程度まで可能ですが、リフォームローンは1000万円ほどまでになっているので、その点も違います。
このような特徴があります。
・リフォームローンを取り扱う金融機関は
リフォームローンを取り扱う金融機関は1つではなくていくつかあります。
まずは、銀行です。
リフォームローンは都市銀行や地方銀行、信用金庫などで取り扱いがなされています。
ただ、銀行の場合は借入金額が比較的少額となっているため、住宅ローンのような大規模なキャンペーンや優待金利などはあまりありません。
信版会社もリフォームローンをすることができます。
信版会社はリフォームローンに積極的に取り組んでいるため、金利優遇やキャンペーンなども行うことがあります。
住宅金融支援機構もリフォームローンを提供しています。
高齢者向けの返済待遇なども提供しており、実家をリフォームするときなどに利用がしやすいです。
リフォーム・リノベーションをする際も金利や返済期間が住宅ローンと同じもので適用されます。
このようにリフォームローンを扱う機関はいくつかあります。
・リフォームローンの活用の仕方について
リフォームローンは金利が高いため金利待遇をうまく利用することが大事になります。
銀行などではほとんど金利優遇が無いため金利優遇を利用することは難しいですが、信版会社やリフォーム会社、大手住設メーカーであれば、期間限定で金利優遇キャンペーンなどを行なっていることがあるので、その情報を得てタイミングよく金利優遇を利用することが大事です。
ただ、キャンペーンを利用する際は会社やメーカーの商品を使うことが条件となっていることもあるので、その点も確認してキャンペーン利用する必要があります。
また、返済期間をできるだけで短くすることも大事です。
リフォームローンで大きな負担となるのは金利負担です。
返済期間が長くなれば、それだけ金利負担が増してしまいます。
500万円借入したとして、金利年2%で返済期間を5年と15年にした場合では、総額的に約53万円もの差が出てしまいます。
そのため、長くなればなるほど金利の負担で多くのお金を返さなければならなくなるので、返済期間を短くするよう計画を立てる必要があります。
また、住宅ローン控除を利用することもできます。
リフォームの際に、構築や改築などの大規模な修繕工事、家の中の模様替えなどの工事、バリアフリーでの工事、省エネ改修工事、控除を受ける年の合計所得が3000万円以下であることなどです。
住宅ローン控除を利用することができれば、毎年末の借入残高の1%が所得税から控除されます。
控除額の最大上限は年で40万円となっており、控除の期間は最大10年間となっているので最大400万円ほどの金額をお得にすることができます。
また、中古購入一体型ローンを活用することもできます。
これは、購入資金とリフォーム資金をまとめて借入することができ、金利などの条件は住宅ローンと同じになります。
低金利で借入ができるので、お得な金利でリフォームもすることができます。
中古購入とリフォームを考えているならば、この活用も良いです。
・まとめ
リフォームを行う際は、これらの活用の方法で金利を減らすことや費用の面を減らすことができます。
いろいろな制度があるので、知っておくことで自分の条件に合った方法でリフォームをすることができます。
参考にしてください。