リフォームローンのメリットとは?

リフォームローンのメリットは‽

現在住んでいる住まいのリフォームを検討している場合、やはりまとまった資金が必要になるため、リフォームするのを躊躇する方もいらっしゃるはずです。ですが、リフォームを早めに行った方が家の傷み具合もかなりケアすることができますし、リフォームローンを利用することができるので無理なく計画的にリフォームすることができます。では、リフォームローンについてメリットをいくつかご紹介するので参考にしてください。


・リフォーム時に使用できるローンについて
リフォームを行う場合、使えるローンは2種類あります。リフォームローンと住宅ローンです。まず、よく耳にする住宅ローンは本来は住宅購入時にローンを組むケースが多いですが、リフォームでも使用することができます。親が元々住んでいた家をリフォームするので住宅ローンを組んだといったケースも多いですし、けっこう一般的に活用されています。また、住宅ローンは借入れ時に担保が必要になるため担保型です。リフォームローンは言葉の通り、リフォームする際に利用するローンで担保型と担保がいらない無担保型から選べるようになっているので、各々違いをきちんと理解しておく必要があります。ここできちんと理解しておくことで、ご自身にあったローンプランを組むことができるので、りっかりチェックしておきましょう。

・担保型と無担保型のローンの違いとは
担保型ローンは何を担保にするの?と感じている方もいらっしゃるでしょう。ご自身の自宅など担保にすることにになります。それにより、借入額が多くできたり、低金利で返済期間も長く設定できるなどメリットも多いローンとなります。
無担保型は、借入額が少なくなり金利は担保型と比べてみると高く、返済期間も短くなります。ですが、申し込みの際には提出書類など無担保型の方が少なく、手続きが簡素で審査期間も担保型と比べても短く、通りやすいといわれているので、早く資金を準備したい方には最適なプランになります。審査結果も早いところは当日に出て、保証人も不要などスムーズな手続きるお手軽さがポイントになります。
返済期間は、担保型は最長で30〜35年程度、無担保型は最長10年〜15年程度といった形で大きく返済に関しても違いがあるのが特徴です。担保型は大きな資金を借入したい時に利用するケースが多いので、その辺で返済期間や金利に関しての違いが出てきます。

・リフォームの工事費用をチェックしてみよう
リフォームローンに関して担保型と無担保型があるとわかりましたが、どのような基準でローンを利用すべきか知りたい方も多いはずです。
どちらのローンを選ぶかは工事費用によって大きく変わるので、まずリフォームの工事費用をチェックしてみましょう。無担保型は担保型に比べて諸費用が安いため、あまり費用がかからないようでしたら無担保型を選ぶのもベストな方法になります。例えば、100万円以下のリフォーム工事費用で済む場合だと、担保型のローンを利用すると担保を登録するために手続きとして保証料や事務手数料など約20万円近く必要になります。そのため、担保型にすると無担保型より高くついてしまう可能性が出てくるので注意が必要です。まず、リフォームの工事費用の見積もりを取った時、いくらほど必要になるか事前に確認してからリフォームローンを検討することで、ご自身にあったローンプランを選ぶことができます。

・リフォームローンの審査は厳しいの?
リフォームローンや住宅ローンなど、申し込み手続きを行った後、審査は必ずあります。では、この審査は厳しいのかな?と感じる方もいますが、いくつか重視される部分あるためそこは認識しておきましょう。完済時年齢・健康状態・勤務先・雇用形態・借入者の社会属性・借入比率(借入額/担保価値)など確認されます。やはり、毎月一定の金額を返済していくことになるため、金融機関でとても重視される部分は、「完済まで経済力を維持できるのか否か」という部分です。会社によってはローンを組む際に金利面において優遇されることもあり、その場合は給与口座をリフォームローンの利用検討している金融機関に口座開設することになります。そうすることで、だいぶ金利もお得になり、月々の返済負担を軽減することができます。また、ローンを組む際には団体信用生命保険に加入するので、健康状態部分に関してはバッチリ保障されることになります。

・リフォームローンの金利の選び方について
ローンを組む際には、金利は大きなポイントになります。全期間固定金利型・変動金利型・固定金利選択型の3種類があります。
全期間固定金利型は、借入期間中ずっと同じ金利が適用されます。変動金利型は市場金利の動向に合わせて年2回金利が見直されます。固定金利選択型は最初の数年間の返済時の金利が固定で、固定期間終了後に固定・変動を選ぶことができます。
ローンの支払い方法は世の中の動きを見つつ選ぶことが重要です。