リフォームローンと限度額や繰り上げ手数料などのデメリット

リフォームローンと限度額や繰り上げ手数料などのデメリット

多くのリフォームローンは、担保型になります。担保を活用する都合上、やや手続きが煩雑になる傾向があります。有担保型ですから、保証料もかかるローンなのです。また住宅ローンなどと比べると、限度額は少々低めになります。

ローンによって異なる限度額

そもそもローンで借りる事ができる金額には、限度があります。無制限な金額で借りられる訳ではありませんから、注意が必要です。
例えば限度額が30万円のローン商品なら、10万円台や20万円などで借りる事はできます。しかし31万円や50万円など、30万円を超える金額で借りる事はできません。
全体的に、銀行によるローンは限度額も高めに設定されています。ですから多額融資を希望している方々は、しばしば銀行で申し込みしているのです。

限度額が低めなデメリット

それでリフォームローンの場合は、そこまで限度額は高くありません。リフォームローンには2種類あって、有担保型と無担保型です。
前者の有担保型の場合は、そこそこ大きな金額を借りる事はできます。数千万円ぐらいの融資も可能です。しかし有担保型には、後述の手間や手数料のデメリットがあります。
後者の無担保型の場合は、基本的には数百万円台になります。1,000万円以上の金額を借りるのは、少々困難です。
それに対して住宅ローンなどは、もっと大きな金額を借りる事ができます。やや限度額が低めである点は、リフォームローンのデメリットの1つです。

リフォームローンの担保

ところでローン商品によっては、担保があります。いわゆる不動産担保ローンも、それに該当します。
ところでお金を借りたい時には、質屋という手段もあるのです。そのお店でお金を借りる場合は、まず金銭価値が高い品物を質屋に預けることになります。いわゆる質入れです。その預ける品物は、いわゆる抵当や担保になります。
なぜ品物を預けるかというと、万が一の遅延があり得るからです。お金を貸した質屋としては、返済に遅れてしまうのは困ります。そこでブランド物のバッグなどを預かっておき、いざという時にはそれを売却するシステムなのです。バッグを売却して、返済金に充当する事になります。
それで上述のリフォームローンは、たいていは有担保型なのです。基本的にはマイホームを担保にする事になり、万が一の時には売却される可能性はあります。

担保型は手続きが少々面倒

上記でも少々触れましたが、担保型のリフォームローンは限度額は高めなのです。担保物件を活用する都合上、比較的多くのお金を借りる事はできます。
その代わり、手続きは若干煩雑になってしまう傾向があります。担保物件を活用する都合上、ローン会社には色々な書類を提出しなければなりません。少なくとも住宅物件に関する書類は、色々必要です。無担保型のローンと比べると、やや手続きは面倒な傾向があります。それはリフォームローンのデメリットの1つなのです。ただし無担保型のリフォームローンは、そこまで手続きは煩雑ではありません。

リフォームローンとコストのデメリット

それと有担保型のリフォームローンには、手数料のデメリットがあります。担保を活用するローンの場合、たいてい事務手数料があるのです。諸手続きを行う際に、金融機関にはその手数料を支払う必要があります。
事務手数料は、金利手数料とは別途になるのです。つまりリフォームローンで借りる側としては、金利手数料と事務手数料の2つを支払わなければなりません。フォームローンによっては、保証料もあります。色々なコストが発生してしまうのは、リフォームローンのデメリットの1つです。

短期返済したい時に便利な繰上げ返済

ところで多くの方々は、ローンを短期返済したいと望んでいます。長く借り続けるよりは、早めに返済する方が楽になるからです。
早めに完済したい時には、繰り上げ返済という方法があります。そもそもローンには、毎月の約定日があるのです。毎月15日や20日など、ローン会社と相談して約定日が決定されます。その日になると、基本的には自動的に口座から引き落としされるのです。繰り上げ返済は、その約定日よりも少し前に返す方法になります。15日や20日などを待つのではなく、5日や8日など早めのタイミングで返済する方法です。お金に余裕がある時に繰り上げ返済すれば、元本を早く減らす事ができます。

繰り上げ返済に手数料がある

ところがリフォームローンによっては、その繰り上げ返済をする時に手数料がかかってしまうのです。現にある銀行の場合は、窓口で繰り上げ返済の手続きをした時には、1回につき数千円前後の手数料が徴収されてしまいます。金額によっては、数万円台になってしまう事もあるのです。
カード型のローンの場合は、そうではありません。基本的には繰り上げ手数料は無料ですから、比較的手軽に前倒しの返済ができます。しかしリフォームローンは手数料がかかるので、あまり気軽に繰り上げ返済できないデメリットがあります。
ただ、繰上げ手数料もリフォームローン次第です。銀行によっては、あえて繰上げ手数料を無料にしている事もあります。